Home > 症状別治療法 >

症状:AGA(男性型脱毛症)

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

当院ではプロペシアの内服療法、ミノキシジル7%の育毛ローション「NR-8](Polaris Research Laboratories社)、ヒーライトによる育毛療法を行っております。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。 AGAは進行性です。何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのため早めのケアが大切です。AGAの脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなると全体としてうす毛が目立つようになります。

1.プロペシア内服

プロペシアは5α-還元酵素阻害薬と呼ばれる種類の薬です。男性ホルモンとしてはテストステロンが有名ですが、テストステロンから合成されるホルモンとしてDHTがあります。この時に働く酵素として5α-還元酵素が存在します。この5α-還元酵素を阻害することによってDHTの生成を抑えると、男性型脱毛症を治療することができます。副作用としては勃起不全や性欲の減退が報告されています。
プロペシアは長期に内服することが必要です。

2.ザガーロ内服

ザガーロは現在最も新しいAGA治療薬です。プロペシアが5α-還元酵素Ⅱ型阻害であるのに対してザガーロは5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬です。プロペシアと比べて有意に増毛効果があるというデータがあります。副作用としてはプロペシアと同様に勃起不全や性欲減退が報告されています。

3.NR-8

Polaris Research Laboratories社より販売されている育毛ローションです。ミノキシジル7%配合されており、AGAに効果的です。

4.ヒーライト

最新LED治療器です。2波長のLEDが照射されることにより皮膚のマクロファージが増えることが報告されており、育毛にも効果的といわれています。最初の3ヶ月で約20回の照射をすることをおすすめします。

◆価格表はこちら

About Clinic

医療法人社団 誠門会
かどた皮ふ科・形成外科

〒191-0062
東京都日野市多摩平2-5-1
クレヴィア豊田多摩平の森 RESIDENCE109

院長:門田 聡


保険診療はこちら

男性向け美容診療はこちら